東京で居抜き物件を探そう|居抜き物件比較サーチ

良い居抜き物件を探すことが大事です

東京都心、もしくは郊外で飲食店を出店する時には、多くの費用がかかることが予想されます。特に新規の物件になると、什器なども揃える必要があり、お店を借りるだけでは済まないことになります。そのため、多くの人は出店をするに当たり、居抜き物件を探すことも多くなっています。

この居抜き物件と言われるものは、前の設備や内装等が、そのまま残っているもので、簡単な修復を行なうことで、新規出店が出来ることになります。そのため、オープンするまでの日程が短くすることが出来、設備等にかかる費用も少なく済むと言う便利なものとなっています。

そのため、新しく店を出店する人にとって、自身が考える店のイメージと合うことが必要になって来ます。お洒落な店舗を考える人が、ラーメン店の居抜きを利用することが考えられないと言うことのように、目的にあった店舗探しが重要になるはずです。

居抜きCafe

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

数々の物件が東京都内でありますが、居抜き物件を探す際には飲食店が既に入っていた物件を探したいところです。これまで利用していた内装を活用したり、設備もしくは什器などを引き続き利用することができます。居抜きCafeで東京都内の居抜き物件を探すことができますが、費用や面積などをチェックすることも重要です。また前のテナントと交渉を行う必要ですが、内容によって内装や外装の工事費用を減らすことも可能です。

居抜きCafeで東京都内の飲食店の居抜き物件を探す時、注意したいポイントは物件の状態です。造作譲渡というのは前のテナントより、内装や設備を引き継いでいきます。飲食店の設備などでコストを抑えたい時には向いていますが、無料もしくは買い取りの2つの方法があります。交渉をして決まる費用を造作譲渡費用と言うので、物件の紹介時には把握しておくといいでしょう。

そしてスケルトンだと全く内装や設備がない状態で居抜き物件として提供されています。クリーニングなどを行って綺麗に物件は整えられていきますが、使っている状況で状態の良さが変わっていきます。居抜きCafeで物件を探す時には写真でもチェックできるので、あらかじめ確認しておきましょう。

物件STATION

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

東京都心エリアで飲食店などの店舗を新規で開業しようと考える場合、少しでも条件の良い物件を探したいけれど、どこで探せば効率良く探せるのか分からないという方にオススメなのが、店舗専門の不動産仲介業者「物件STATION」です。

店舗専門の不動産仲介業者なので、通常の不動産仲介業者よりも多くの貸店舗や居抜き物件に精通しており、始めて店舗を構える方ににも親切にアドバイスもしてくれます。六本木、銀座、渋谷、新宿、新橋などの人が多く集まる場所の物件に精通しているため、人の流れなどのアドバイスもしてもらえます。

「物件STATION」へのお問い合わせは、ホームページ上に掲載されている物件を詳しく知りたいと問合せても良いし、条件や希望を問合せてもOKです。条件や希望を予め整理しておいて電話で伝えれば、ホームページに掲載している以外の物件の情報も3時間以内にメールまたはFAXで送ってもらえます。東京都心で店舗物件をお探しの方は、是非問合せてみて下さい。

飲食店.com

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

最近、聞かなくなった言葉に脱サラがあります。聞かないからと言って、なくなった訳でもありません。その中にはキチンとした夢を持って、新しい仕事に就いている人も多くいるのが、現状です。その夢を持つのも良いのですが、東京都心でお店を展開する時には、莫大な費用が、かかってしまいます。

その費用を節約するために、多くの人は居抜き物件を利用することが多くなっています。特に飲食店を開く場合において、前任者の残していった設備を利用することで、その費用を浮かすことが出来ることになるからです。この飲食店を出す時に多くの人が利用するサイトがあります。

それが、飲食店.comです。ここでは、たくさんの情報と共に、新しい物件をも知らせてくれる新規希望者にとっては、必要な情報が一杯集まって来るようになっています。新規希望者にとっては、一度は必ず目を通すことがベストな方法と言えるのでしょう。

店舗まるごと.com

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★
公式サイトはコチラ

日本における経済活動の低迷状況は、多くの企業の業績を悪化させてきています。大手企業や中小企業などの規模に関係なく、経費の節減、ビジネス運営の効率化などが求められてきています。とくにグローバル化が進行してきている現在においては、ビジネス運営のスピードアップは至上命題と言えることでしょう。

こんな動きは飲食業界においても顕著になってきています。日本国内の消費が落ち込んできている状況においては、ビジネスチャンスがあればすぐに決断して実行に移していく必要があります。とくに好立地条件な案件はライバル企業などに押さえられてしまう可能性も高くあります。

そこで活用したいのが居抜きです。店舗などをそのままの状態でビジネスをスタートさせますので、スピーディなビジネス展開が可能になりますし、一からの出店よりも経費を削減させることができます。とくに飲食業に最適な物件などは限定されてきますので、居抜物件を活用することは非常に有効になってきます。店舗まるごと.comなどでは初期投資なども非常に安く抑えられますので、東京などでもビジネス運営を進めやすくなってきます。比較サイトなどで他社との比較も簡単にできますので、検討することが重要になってきます。

居抜き交渉ねっと

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

居抜きの物件は、特に飲食店として利用されていた物件に人気が高くなっています。コストを抑えられることから、人気が高く、なかなか探していても、条件のあった物件を見つけたり、交渉をするということが難しくなっている物件となっています。

居抜き交渉ネットであれば、居抜きとなる可能性が高い物件や交渉できる可能性のある物件を取り扱ってくれたり、現在売りに出されていたり貸しに出されている物件を調べるということも可能となっているので、条件のあう物件に出会えることができます。

居抜きの物件は、東京から沖縄、北海道など幅広いエリアに対応してくれているので、あらゆるエリアにある居抜きの物件を探すこともできるので、条件にあった物件を探したり交渉をするといったことも可能となっています。

居抜き市場

総合評価 ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

東京で飲食店を始めることを検討する方もたくさんいます。お店を始める時の課題として、初期費用のことを考えることも重要です。厨房機器や家具を揃えるなど、初期費用がかかることも計算に入れて、お店の経営をする必要があります。

初期費用を抑えやすい居抜き物件に注目する方もたくさんいます。家具や設備が付いたまま、物件を使うことができれば、初期費用を抑えながら、お店の営業を始めることができるため、オープンのキャンペーンとして、割引などもしやすくなります。

居抜き物件を探す方は、不動産会社が運営する飲食店に特化した物件情報検索サイトの居抜き市場のサービスを利用することをおすすめします。物件情報が豊富なだけではなく、設備や開業の手続き、経営面など、サポートが充実しているため、しっかりと相談できます。

居抜き物件を選んだ際のメリットとは

居抜き物件とは、前に入っていたテナントの内装や設備が残されている物件のことです。この居抜きには前のテナントにも、これからそこには入るテナントにもメリットがあります。
まず、前のテナントにとっては、内装や設備の処分費用が必要ないという点がメリットです。それどころか、設備が比較的新しいものであったり、高価なものである場合、次に入るテナントに造作譲渡という形で買い取ってもらうことができます。次に入るテナントにとってのメリットは、設備の状態によっては開業までにかかる時間を短縮することが可能という点です。
さらに、設備を揃えるための費用を抑えることができます。ただし、こうした設備の引き継ぎは業種が同じでなければ、そもそもできません。居抜きと書かれた物件を探すときには、前のテナントがどんな業種なのかを、しっかり確認しましょう。


居抜き物件を上手に活用すること

少ない経費で飲食店を出店したいと考えている方は、居抜き物件を上手に活用しましょう。一般的に飲食店を新規に出店しようとすると、様々な設備を購入する必要があるため、多額のお金が必要となってしまいます。
一方、居抜きの場合はすでに必要な設備は設置されているため、初期投資を少なく済ませることが出来ます。もちろん、居抜きの場合はかつてその場所で同じ様な飲食店が営業していたものの業績不振などを理由に閉店してしまい、現在空き物件となっているなどデメリットの面も持ち合わせているため、慎重に検討を行う必要があります。
しかし、どんな物件でもその場所に最適な方法で経営を行うことで、確実に利益を上げることが出来ます。少ない経費で飲食店を新規に出店をしたいと考えている方は、居抜き物件を上手に活用しましょう。そして夢を実現しましょう。


居抜き物件を利用するメリットとデメリット

お店を開く際に居抜き物件を狙う事業主さんも多くいらっしゃいます。それはなぜなのかと言いますと、メリットがあるからです。そのメリットは、既に店舗内の内装がほとんど仕上がっている状態で借りることができることです。内装工事がまったくしていない状態から内装の工事をすれば、かなりの費用がかかります。
しかし、居抜き物件では既に内装がほとんど仕上がっていることから本格的な内装工事をする必要がありません。つまり、大幅に内装工事にかかる費用を削減することができるというわけであります。お店を開く際にかかる費用は、内装工事以外にも色々かかります。その費用のウエイトを多く占める内装工事費を節約することで、出店する際にコストを下げることができます。
しかし、メリットばかりではなくデメリットもあります。それは、内装のレイアウトが自分好みにできないことです。前のお店の内装のレイアウトをそのまま使うというのが居抜き物件の基本となっていることから、レイアウトに関しては融通が利きにくくなります。

ページトップへ